不用品回収サービスで注意すること

不用品回収業者が増え、思わぬトラブルになったという事例が全国でいくつも起きているようです。

・無料と言っていたから頼んだのに、車に積んだあと料金を請求された
無料回収車とアナウンスしてまわっている不用品回収業者に不用品の回収を頼んだら、トラックに積み込んだあとに「リサイクル料金」を請求されたというもの。

リサイクル料金というものを独自に設定しているなら、積み込む前に言うべきですよね。
おそらく、積み込んだあとにそれを聞いてやめる人はあまりいないというこちらの裏をついた商売です。

・車に積み込んだあとに、見積額の2倍の額を請求された。
ポスティングチラシの業者に頼んで見積りをしてもらい、その金額で納得したが、いざ車に積み込んでから「ちょっと予定よりも多かったので。」と倍の額を請求された。
「さきほど見積りしたんじゃないんですか?」と言うと、「じゃぁ、下ろします。」と逆ギレ。逆恨みも怖いし、自宅アパートの引き渡し期限も迫っていたので仕方なく支払いました。

こちらも、後には引けない状態にして料金を支払わせるというもの。
特に、高齢者で自分では運べないという弱点を逆手に取った悪質な手口です。

・一度回収してもらったら、その後何度も不用品がないか訪問されて困った

どの事例も、こちらの足元を見た卑劣なものです。
このような不用品回収業者にカモにされないためにも、悪質な業者をこれ以上増やさないためにも、利用する人も気を付けることが大切です。

無料で回収ということは何かしらのカラクリがあることを疑うこと

きちんと最終処分、リサイクルをしている業者はタダではありません。
利用者も料金を支払うからこそ、業者も処分できるのです。

自治体の粗大ごみ回収と不用品回収業者。
どちらもメリットデメリットがありますので、どちらもうまく使って、スッキリしましょう!

不用品回収の上手な利用法

不用品回収業者は、基本的には壊れているものを引取ったり、ゴミの処分を行う業者です。
不用品回収を専門としている会社もありますが、リサイクルショップが不用品回収サービスをしている場合も数多くあります。
それは、不用品とリサイクルは切っても切れない深い関係があるからです。

壊れた家電やいらなくなった生活用品を早く処分したい一方で、中にはまだまだ使えるものもあるかもしれません。
その場合、リサイクルショップがやっている不用品回収サービスを利用することによって、買取してもらえるものもあるのです。

例えば引越しなどで、
「ソファー、テーブル、ベッドを引取って欲しい。
でも電化製品でもいくつか要らないものがあるけれど、まだまだ使えるから不用品回収に出すのはもったいないなぁ・・・」

と感じているとき、買取価値のあるものは買取し、値段が付けられないものは回収となります。回収金額から買取金額を差し引くことによって、処分代が安く済んだり、買取金額の方が高い場合は、支払ってもらうことも可能です。これを利用しない手はありませんね。

私も、昨年の引越しの際に、ソファーとベッドという「家具で一番処分に困るものランキング」で上位にくるものをリサイクルショップの不用品回収サービスで引取ってもらいました。と同時に、まだ新しい液晶テレビとエアコンを2台買取してもらいました。

インターネットで探し、3社ほど無料見積りをしてもらったのですが、
A社は、電話のときから対応が明るく、こちらの質問にもハキハキ答えてくれましたし、実際に家に見積りに来たときも、搬出経路や1つ1つの買取価格、処分価格も見積り書に提示してくれました。作業日も2日後からOKとのこと。

B社は、メールで見積り依頼をしましたが、2日たっても返信がなかったので、電話をしたところ、「忙しくてメール見てない。」とハッキリ言われました。
じゃあ、何のためのメール受付なのでしょう。その時点で不信感を抱き、こちらはやめました。

C社は、A社同様無料で見積りに来てくれ、実は回収費用も一番安かったのですが、
引越しシーズンということもあって作業日がかなり遅くなりそうとのことでした。

私の場合は、引越しが迫っていたので結局A社にお願いしましたが、回収日が急ぎでない方は、C社となるでしょうね。

このように何社か見積りをしてもらうと、自分のニーズに合った業者を選ぶことができ、
スムーズにいくと思います。ご参考までに。

昨今、需要の拡大とともに不用品回収業者も増加しています。
実は、その裏で不用品回収業者トラブルも増加傾向なのだとか。
実際にどのようなトラブルに巻き込まれたのか、見てみましょう。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者を選ぶというのは、とても大切なポイントです。

不用品回収業者を探すには、まずインターネットを活用しましょう。
近年、不用品回収サービスを行う会社が増えたこともあり、たくさんの会社のHPを見ることができます。

例えば、自分が東京に住んでいる場合、「不用品回収 ○○区」、「不用品回収 ○○市」などと検索すれば、自宅が回収エリアに入っている業者があるので、その中から、3社ほど見積りをしてみてはいかがでしょうか?
このとき、無料見積り、または基本料金などが明確な業者を選ぶことが大切です。

他には、「タウンページなどの電話帳」、「新聞の折り込み広告」、「ポスティングされているチラシ」などでしょうか。知人や友人に聞いてみるのも良いですね。
信頼している人の口コミは何よりも真実を語ってくれるでしょうから。

ひとまず何社かに絞り込んだら、対応の早さなどをみます。
こちらとしては、できるだけ早く対応してもらいたい場合もありますので、メール対応が遅いとか、電話に出ないといった業者はやめておいた方がいいでしょう。
即日対応で、こちらの質問にも明瞭な答えがかえってくる業者を選びましょう。

「作業が雑」「壁を傷つける」といった作業をする業者は絶対に選びたくないものですが、初めて不用品回収を探す場合は、その業者がどういった作業をするのかなどわかりません。
賃貸物件では、大家さんに損害賠償金を請求されることもあるので、図らずもそうなってしまった場合のことについても、たずねておく必要がありそうです。
そんな質問にも、快く答えてくれる業者なら当たりでしょう!

不用品回収できるもの・できないもの

不用品回収サービスには、回収できるものとできないものがあります。

【できるもの】
・家電
テレビ、ブルーレイ・HDDレコーダー、プロジェクタ、ビデオデッキ、MP3プレーヤー、ホームシアターセット、スピーカー、コンポ、アンプ、ラジカセ、電話機、FAX、ラジオ、家庭用ゲーム機、炊飯器、電子レンジ、オーブン、冷蔵庫、冷凍庫、電気ポット、ホームベーカリー、コーヒーメーカー、食洗機、ミキサー、フードプロセッサー、IHクッキングヒーター、ガスコンロ、ホットプレート、ワインセラー、掃除機、洗濯機、布団乾燥機、衣類乾燥機、電動自転車、エアコン(室外機含む)、空気清浄機、扇風機、サーキュレーター、加湿器、除湿機、こたつ、ストーブ、美容家電、マッサージチェア、照明器具など

・家具・インテリア雑貨
ダイニングテーブル、ダイニングチェア、サイドテーブル、サイドボード、チェスト、ラック、シェルフ、リビングテーブル、リビングボード、テレビボード、食器棚、キャビネット、ベッド、クローゼット、ハンガー、ソファー、カウチ、応接セット、婚礼家具、シューズボックス、民芸家具、ラグ、学習机、カウンター、本棚、鏡台、ドレッサー、観葉植物、花瓶、ガーデニング雑貨、スタンド、絵画、鏡、時計 など

・生活用品・スポーツ用品
調理器具、食器、寝具、布団、衣類、ゴルフ用品、スノボ用品、キャンプ用品、アウトドア用品、サーフボード、スノーボード、スキー板、バッグ、釣りざお、エアロバイク、フィットネス機器、スーツケース、自転車 など

・季節用品・楽器
ひな人形、五月人形、鯉のぼり、ギター、ピアノ、エレクトーン など

・ベビー用品
チャイルドシート、ベビーカー、ベビーベッド、子ども用自転車 など

・カー用品
タイヤ、シート、ホイール など

・その他
古本、缶・ビン、ペットボトル など

【できないもの】
生モノ、著作権や肖像権など他人の権利を侵害する物品および盗品、薬品、注射器、医療器具、動物、臓器・遺体・血液など感染の恐れがあるもの、銃、弾薬、刀、日本刀 

その他、法律に反するものは回収できません。
コンデンサやトランス、バッテリーは回収業者によりけりです。
それらも回収している業者もありますので、まずは一度問い合わせてみましょう。

不用品回収と家電リサイクル法

不用品回収とは、家の中の不用品(いらなくなったもの)を回収してくれるサービスのことです。
具体的には、専門の不用品回収業者に依頼し、壊れた電化製品や家具をひきとってもらうこと。

使われていない電化製品やベッド・タンスなど、どこの家でも一つや2つあるのではないでしょうか。
使わなくなったものを、地域の粗大ごみ回収に出したことがある方もいらっしゃるでしょう。
地域の粗大ごみ回収の場合、粗大ごみ受付センターで(電話またはインターネット)受付をしコンビニなどで粗大ごみ処理券を購入します。
そして、決められた日にちに指定場所(おもに自分が生活ごみを出している場所のことが多い)に置いておきます。
このとき、軽量のものや小さなものなら問題ありませんが、ベッドやタンス、大型の電化製品となると指定場所まで持っていくことが大変です。家から運び出すことはできても、指定場所が遠い場合は車がないと運べないことも。

さらには、2011年4月1日から施行された「家電リサイクル法」により、エアコン・テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)は、地域の粗大ごみ回収では回収できなくなりました。
それらの家電を廃棄する場合は、リサイクル料金(1620円~)を支払い、購入した家電量販店(小売店含む)や買い替えの際なら販売店に引取ってもうか、廃棄のみの場合は郵便局でリサイクル料金を払い込み、家電メーカーの指定引取場所へと運搬するほかありません。

買い替えの場合は、購入店に言えばやってくれますが、廃棄のみとなると色々と手続きがややこしくなるため、そのままにしてしまっている人もいます。

そんなときに役立つのが、不用品回収サービスです。

不用品回収業者は、自分が都合のよい日時、時間が選べますし、家からの搬出も指定場所への運搬も必要ありません。
有料となってしまいますが、自分は指示をするのみで、あとはすべてスタッフにおまかせで良いのです。

不用品回収されたものは、仕分けして中間処理施設⇒最終処分場に行き、様々な形でリサイクルまたはリユースされています。